東京機材工業ってどんな会社?

「こういうものがあったらいいなぁ。」「さて、どうしよう・・・?」そんなとき、頼りにしていただけるのが私たち東京機材工業です。
単なる顧客満足ではなく、お客様の要望を一歩も二歩も先取りし、全国8箇所の大型機材センターをフル活用し、今、無いものだって作ってしまう。
建設業界において、無くてはならない、最も頼りにされる仕事。それが東京機材工業の事業です。

代表メッセージ

東京機材工業株式会社は、1978年7月の創業以来、お客様に寄り添い、産業機械、資機材のサポートを通じて、建設機械業界の発展に全力で取り組んでまいりました。
創業者 岩下幹の「お客様のかゆいところに手が届く企業にしたい」という強い信念のもと、様々な社会の苦境を乗り越えて、多くのお客様のニーズに応えるとともに成長してきました。これもひとえに、お客様、仕入先様、協力会社様をはじめとする皆様方のご支援並びにご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。

本四連絡明石大橋橋脚基礎工事、東京湾アクアライン地下工事、みなとみらい21新高島駅建設工事、首都高速中央環状線建設工事、東京スカイツリー基礎工事、福島第一原子力発電所大容量貯水タンク納品、丸の内をはじめ東京駅周辺の再開発など日本のランドマークとなる建造物の基礎工事やインフラ事業に数多く携わり、皆様の信頼に応えるために、技術の向上を図ることができました。
特に、地中連続壁工事、大口径基礎杭工事、ニューマチックケーソン工事の分野では、長年培った経験と実績はこれからもお役に立てるものと自負しております。
現在は、リニア中央新幹線、北海道新幹線、北陸新幹線、外郭環状道路等の大型インフラ工事に取り組んでおりますが、今後はさらに、国土強靭化対策に貢献できるように耐震補強関連工事や、トンネル関連工事、プラント関連工事においても必要とされる企業でありたいと願っております。

次世代の社会づくりに応えるためにも、産業機械、資機材の販売、企画、設計、製作、レンタル、さらに施工までの一貫したサポート体制を強化して、品質と安全、経済性の追求を全社一丸となって取り組んでまいります。
常に社会の発展に寄与できる事が当社の役目であると強く心に決め、協力会社様と共にお客様に満足、感動していただけるように、これからも社員一同謙虚に邁進してまいりますので、今後ともなお一層のご支援、ご指導を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 小山 隆利

会社情報

東京機材工業の会社情報を紹介します

沿革

1978年 設立(千代田区岩本町宮沢ビル)
1980年 浦安機材センター操業開始
1982年 本社移転(千代田区岩本町常盤ビル)
1990年 本社移転(中央区日本橋本町石川ビル)
1993年 本社移転(中央区日本橋本町ロッツ和興ビル)
1995年 野田工場 鉄筋加工工場として操業開始
1996年 大阪支店開設(大阪市淀川区)
1999年 東北営業所開設(亘理町吉田)
    岸和田機材センター操業開始
2003年 大阪支店移転(大阪市中央区本町)
2008年 九州営業所開設(福岡県宮若市)
    九州機材センター操業開始
2009年 本社移転(中央区日本橋室町共同ビル)
2010年 野田機材センター第二操業開始
2011年 和泉機材センター操業開始
    東北支店移転(仙台市長町南)
2012年 東北第一機材センター操業開始
2013年 九州支店移転(福岡市博多区)
    名古屋営業所開設(名古屋市中区)
    野田機材センター第三操業開始

2014年 東北支店移転(仙台市青葉区)
    大阪機材センター操業開始
2015年 大阪支店移転(大阪市中央区今橋)
    名古屋機材センター操業開始(瀬戸市)
2017年 名古屋営業所移転(名古屋市中区錦)
    厚木機材センター操業開始(神奈川県厚木市)
    九州機材センター移転(福岡県飯塚市)
    横浜支店開設(横浜市西区みなとみらい)
2018年 白井機材センター 操業開始
    (白井市/基礎機械各種)
2019年 名古屋支店 移転(名古屋市中区)
    広島営業所 開設(広島市 南区)
    広島機材センター 操業開始(東広島市)
2020年 厚木機材センター第二増設(厚木市)
2021年 東北機材センター第二増設(亘理町逢隈高屋)
2022年 北海道支店 開設(北海道札幌市)
    北海道機材センター 開設(北海道千歳市)
   

会社概要

社名
東京機材工業株式会社
設立
昭和53年7月11日
代表者
代表取締役社長 小山 隆利
資本金
90,000,000円
社員数
131名
売上高
2017年6月 65億7,200万円
2018年6月 81億6,100万円
2019年6月 100億4,000万円
2020年6月 101億8,000万円
本社
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-9-12
共同ビル(室町一丁目)
電   話 03-3245-1001
ファックス 03-3245-0160
ホームページ http://t-kizai.co.jp
採用ページ  https://t-kizai.com
採用実績校
北海道大学、岩手大学、山形大学、茨城大学、埼玉大学、東京大学、東京工業大学、一橋大学、横浜国立大学、山梨大学、静岡大学、名古屋工業大学、愛知県立大学、長岡技術科学大学、岐阜大学、大阪大学、神戸大学、島根大学、和歌山大学、奈良女子大学、徳島大学、愛媛大学、山口大学、九州大学、長崎大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、日本大学、東洋大学、同志社大学、立命館大学、京都女子大学、関西学院大学、関西大学、西南学院大学、スタンフォード大学院、中国人民大学 他

事業内容
鉄鋼販売・大型構造物・構築物の建設現場に使用する金属加工品の設計・製作・販売、基礎工事等の建設現場にて使用する各種機械・機材のレンタルおよび販売
取得許可
国土交通大臣(般-29)第27028号
機械器具設置工事業 鋼構造物工事業 土工工事業 鉄筋工事業 とび

主要取引先
鹿島建設(株)、大成建設(株)、(株)大林組、清水建設(株)、(株)竹中工務店、(株)安藤・間、(株)熊谷組、前田建設工業(株)、戸田建設(株)、西松建設(株)、鉄建建設(株)、大豊建設(株)、ケミカルグラウト(株)、成和リニューアルワークス(株)、青山機工(株)、テクノス(株)、オリエンタル白石(株)、JFEエンジニアリング(株)、日本製鉄(株)、(株)東京エネシス、東京パワーテクノロジー(株)、(株)日立製作所、三井造船(株)、栗田工業(株)、三井物産(株)、(株)加藤建設、(株)ミヤマ工業、丸十工業(株)、ライト工業(株)、東洋テクノ(株)、丸五基礎工業(株)、大洋基礎(株)、(株)アクティオ、サンエー工業(株)、三信建設工業(株)、(株)レンタルのニッケン、(株)カナモト、サコス(株)、(株)ワキタ、西尾レントオール(株)、太陽建機レンタル(株)、日本建設機械商事(株)他

福利厚生
交通費全額支給、社会保険完備、厚生年金基金、退職金制度(特退協、中退協)
各種手当(※家族手当、子弟への学資手当て、奨学金返済補助制度あり、合格祝い等)
社員研修旅行(2006年度スペイン、2008年度フランス、2011年度アメリカ、2015年度イタリア、2017年度ハワイ)
保養所(東急ハーベスト会員、全国各地の保養所の利用が可能)
リゾート施設(熱海、箱根、山中湖、山梨石和温泉、千葉白浜)他

Copyright 2023 東京機材工業|採用サイト